名古屋大学大学院工学研究科 電子情報システム専攻 電子工学分野 情報デバイス講座 知能デバイスグループ 新津研究グループ

コンテンツ

ニュース

2018年8月20日

林賢哉君の論文がIEEE BioCAS 2018に採択されました。
Hayashi-Kun’s paper is accepted to IEEE BioCAS 2018 !

Kenya Hayashi, Shigeki Arata, Ge Xu, Shunya Murakami, Dang Cong Bui, Takuyoshi Doike, Maya Matsunaga, Atsuki Kobayashi, and Kiichi Niitsu, “A 385um × 385um 0.165 V 0.27 nW Fully-Integrated Supply-Modulated OOK CMOS TX in 65nm CMOS for Glasses-Free, Self-Powered, and Fuel-Cell-Embedded Continuous Glucose Monitoring Contact Lens,” in Proc. IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS 2018), Oct. 2018, pp. 1-4.

2018年8月1日

林賢哉君の論文がIEEE TCAS-IIに採択されました。
Hayashi-Kun’s paper is accepted to IEEE TCAS-II !

(オープンアクセスですので、下記からダウンロード可能です。
Because the paper is open access, it can be downloaded !)
https://ieeexplore.ieee.org/document/8421657/

K. Hayashi, S. Arata, S. Murakami, Y. Nishio, A. Kobayashi, and K. Niitsu, “A 6.1nA Fully-Integrated CMOS Supply-Modulated OOK Transmitter in 55nm DDC CMOS for Glass-Free, Self-Powered, and Fuel-Cell-Embedded Continuous Glucose Monitoring Contact Lens,” accepted to IEEE Transactions on Circuits and Systems II (TCAS-II).

2018年3月26日

小林君がIEEE名古屋支部優秀学生賞を受賞しました。
Kobayashi-Kun received IEEE Nagoya Section excellent student award !

2018年3月1日

小林君の論文がIEEE CICCに採択されました。
M2. Atsuki Kobayashi Kun’s paper was accepted to IEEE Custom Integrated Circuits Conference 2018 (CICC 2018)
Atsuki Kobayashi, Yuya Nishio, Kenya Hayashi, Kazuo Nakazato, and Kiichi Niitsu, “A 350-mV, Under-200-ppm Allan Deviation Floor Gate-Leakage-Based Timer Using an Amplifier-Less Replica-Bias Switching Technique in 55-nm DDC CMOS,” in Proc. IEEE Custom Integrated Circuit Conference (CICC 2018), Apr. 2018.

2017年4月19日

新津葵一講師が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました。
ご支援・ご指導いただきました関係の皆さまに御礼申し上げます。

業績名 「低電力かつ低電圧な集積回路の設計と医療応用に関する研究」

文部科学省 報道発表

名古屋大学 紹介ページ

2017年4月1日

M2小林敦希君が下記の国際会議発表においてIEEE名古屋支部 国際会議研究発表賞を受賞しました。
おめでとうございます!

Atsuki Kobayashi, Kei Ikeda, Yudai Ogawa, Matsuhiko Nishizawa, Kazuo Nakazato, and Kiichi Niitsu,
“An Energy-Autonomous Bio-Sensing System Using a Biofuel Cell and 0.19V 53μW 65nm-CMOS Integrated Supply-Sensing Sensor with a Supply-Insensitive Temperature Sensor and Inductive-Coupling Transmitter,”
in Proc. IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS 2016), Oct. 2016, pp. 148-151.

2017年3月25日

M2蒲晃平君がIEEE名古屋支部 優秀学生賞を受賞しました。おめでとうございます!

2017年1月17日

M2蒲晃平君、M1池田景君、M1小林敦希君がACM/IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2017)において研究成果を発表しました。

K. Gamo, K. Nakazato, and K. Niitsu, “Current-Integration-Based CMOS Amperometric Sensor with 1.2 μm × 2.05 μm Electroless-Plated Microelectrode Array for High-Sensitivity Bacteria Counting,” in Proc. ACM/IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2017), Jan. 2017.

K. Ikeda, A. Kobayashi, K. Nakazato, and K. Niitsu, “Scalable Time-Domain Biosensor Array for High-Resolution and Large-Scale Bio-Imaging,” in Proc. ACM/IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2017), Jan. 2017.

A. Kobayashi, K. Ikeda, Y. Ogawa, M. Nishizawa, K. Nakazato, and K. Niitsu、”Design of an Energy-Autonomous Bio-Sensing System Using a Biofuel Cell and 0.19V 53µW Integrated Supply-Sensing Sensor with a Supply-Insensitive Temperature Sensor and Inductive-Coupling Transmitter,” in Proc. ACM/IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2017), Jan. 2017.

2016年10月20日

M1小林敦希君がIEEE Biomedical Circuits and Systems Conference 2016 (BioCAS 2016) Best Paper Awardを受賞しました。おめでとうございます!

Atsuki Kobayashi, Kei Ikeda, Yudai Ogawa, Matsuhiko Nishizawa, Kazuo Nakazato, and Kiichi Niitsu,
“An Energy-Autonomous Bio-Sensing System Using a Biofuel Cell and 0.19V 53μW 65nm-CMOS Integrated Supply-Sensing Sensor with a Supply-Insensitive Temperature Sensor and Inductive-Coupling Transmitter,”
in Proc. IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS 2016), Oct. 2016, pp. 148-151.
IEEE BioCAS 2016 Webpage Photo

2016年10月20日

M1小林敦希君がIEEE CAS Charles Desoer Life Systems Student Attendance Grantを受賞しました。おめでとうございます!

IEEE BioCAS 2016 Webpage Photo

2016年10月20日

M1小林敦希君がIEEE CAS Charles Desoer Life Systems Student Attendance Grantを受賞しました。おめでとうございます!

2016年10月1日

M2蒲晃平君がIEEE名古屋支部 平成28年度電気関係学会北陸支部連合大会 学生奨励賞を受賞しました。おめでとうございます!

2016年5月17日

M2蒲晃平君が電子情報通信学会集積回路研究会若手研究会優秀ポスター賞を受賞しました。おめでとうございます!

蒲 晃平, 新津 葵一, 中里 和郎, 「高感度細菌カウンティングに向けた1.2μm x 2.05μm金メッキ電極アレイと電流積算回路を用いたCMOS電流検出センサ」
電子情報通信学会 集積回路研究会 学生・若手研究会 2015年12月17-18日

2016年1月14日

新津葵一講師が愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 わかしゃち奨励賞 優秀提案賞を受賞しました。
「電力収穫・センシング統合型集積センサ技術を用いた暮らしの安心を実現するヘルスケアサポート技術の開発」

2015年12月9日

M1蒲晃平君、山路裕希君が電子情報システム専攻・修士論文中間発表会で優秀賞を受賞しました。

2015年11月1日

CMOS集積回路を用いたがん細胞カウンティングに関する論文が、IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems (IEEE TBioCAS)に掲載されました。
(研究概要)
半導体集積回路(CMOS集積回路)上に無電解金メッキ技術を用いて微小電極(1um×2um)を形成し、子宮頸がん細胞(HeLa細胞)の検出に成功しました。
K. Niitsu, S. Ota, K. Gamo, H. Kondo, M. Hori, and K. Nakazato, “Development of Microelectrode Arrays Using Electroless Plating for CMOS-Based Direct Counting of Bacterial and HeLa Cells,” IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems, vol. 9, no. 5, pp. 607-619, Nov. 2015.
(堀・関根研究室との共同研究による成果です。)

2015年5月7日

大学院受験生の皆さんへ、研究室メンバーを募集しています。研究室見学に気軽にお越しください。

2015年5月1日

M&BE8(International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics)に下記の6件の論文が採択されました。

Kohei Gamo, Kiichi Niitsu, and Kazuo Nakazato, “A CMOS Current Integrator with 1.2um × 2.05um Electroless-Plated 1024 × 1024 Microelectrode Array for High-Sensitivity Bacteria Detection,” accepted to International Conf. on Molecular Electronics and Bioelectronics, Jun. 2015.

Suiki Tanaka, Kiichi Niitsu, and Kazuo Nakazato, “An Inverter-Based CMOS Level-Crossing ADC for Low-Power Biosensing,” accepted to International Conf. on Molecular Electronics and Bioelectronics, Jun. 2015.

Kiichi Niitsu, Kohei Yoshida and Kazuo Nakazato, “A Low-Power CMOS Magnetic Cell Manipulation Platform Using Charge Recycling Technique,” accepted to International Conf. on Molecular Electronics and Bioelectronics, Jun. 2015.

Keita Muto, Kiichi Niitsu, and Kazuo Nakazato, “A 1.8V-Input-Range Voltage-to-Current Converter Using Source Degeneration for Low-Noise Multimodal CMOS Biosensor Array,” accepted to International Conf. on Molecular Electronics and Bioelectronics, Jun. 2015.

Yuuki Yamaji, Kiichi Niitsu, and Kazuo Nakazato, “A Low-Voltage High-Resolution CMOS Electrophoresis Platform with 32×32 Sample/Hold Cell Array,” accepted to International Conf. on Molecular Electronics and Bioelectronics, Jun. 2015.

Kiichi Niitsu and Kazuo Nakazato, “Non-optical Frequency-Shift Based Testing of Electrode Formation Using LC-VCO for High-Reliability CMOS Biosensor Array ,” accepted to International Conf. on Molecular Electronics and Bioelectronics, Jun. 2015.

2015年1月14日

学部3年生の皆さんへ、研究室メンバーを募集しています。研究室見学に気軽にお越しください。

2014年12月20日

新津葵一講師がIEEE名古屋支部より若手奨励賞を受賞しました。

2014年11月15日

新津葵一講師がベトナム・ハノイで開催されたICDV2014(International Conference on Integrated Circuits, Design, and Verification)において下記の招待講演を行いました。

Kiichi Niitsu and Kazuo Nakazato, “[Invited] CMOS Platforms for Biomedical Application -DNA Sequencing, Glucose Detection, and Bacteria Counting-,” in Proc. International Conference on Integrated Circuits, Design, and Verification (ICDV 2014), Nov. 2014 (6 pages).

2014年10月24日

M2太田晶子さん、M1小森隼登君がスイス・ローザンヌで開催されたBioCAS2014(IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference)において下記論文を発表しました。

Hayato Komori, Kiichi Niitsu, Junko Tanaka, Yu Ishige, Masao Kamahori, and Kazuo Nakazato, “An Extended-Gate CMOS Sensor Array with Enzyme-Immobilized Microbeads for Redox-Potential Glucose Detection,” in Proc. IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS 2014), Oct. 2014, pp. 464-467.

Shoko Ota, Kiichi Niitsu, Hiroki Kondo, Masaru Hori, and Kazuo Nakazato, “A CMOS Sensor Platform with 1.2 µm × 2.05 µm Electroless-Plated 1024 × 1024 Microelectrode Array for High-Sensitivity Rapid Direct Bacteria Counting,” in Proc. IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS 2014), Oct. 2014, pp. 460-463.

2014年9月11日

M2石原大貴君がつくばで開催されたSSDM2014(International Conference on Solid-State Devices and Materials)において発表しました。

2014年6月2日

B4瀧日慎志君がメルボルンで開催されたISCAS2014(IEEE International Symposium on Circuits and Systems)において下記論文を発表しました。
Masayuki Takihi, Kiichi Niitsu, and Kazuo Nakazato, “Charge-Conserved Analog-to-Time Converter for a Large-Scale CMOS Bionsensor Array,” in Proc. IEEE Int. Symp. on Circuits and Systems (ISCAS 2014), Jun. 2014, pp. 33-36.

2014年1月16日

ホームページをリニューアルしました。

2014年1月14日

新津葵一講師が平成25年度赤﨑賞を受賞しました。

2014年1月10日

B4瀧日慎志君の論文がISCAS2014(IEEE International Symposium on Circuits and Systems)に採択されました。

2014年1月2日

M2久野剛君の論文がJJAP(Japanese Journal of Applied Physics)に採択されました。

pagetop