名古屋大学大学院工学研究科 電子情報システム専攻 電子工学分野 情報デバイス講座 知能デバイスグループ 新津研究グループ

研究内容について
研究室メンバーについて
学部3年生のみなさんへ
お問い合わせ
アクセス(Access)

〒464-8603
愛知県名古屋市千種区不老町C3-1(631)
IB電子情報館北棟421号室

E-mail : メンバーページをご覧ください。

Department of Electronics,
Graduate School of Engineering, Nagoya University
Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya, 464-8603, Japan

E-mail : Please refer the member page

In our laboratory, we are doing various research topic from CMOS LSI design to electrochemical experiment.
If being interested, please send e-mail to A/Prof. Kiichi Niitsu (niitsu@nuee.nagoya-u.ac.jp).

研究室について (About Laboratory)

本研究室では、現在の電子情報産業を支えているシリコンCMOS (Complementary Metal-Oxide-Semiconductor) 集積回路をベースに、そこにこれまでにない機能を付加することにより新しい電子情報デバイスを創出することを目的に研究しています。

現在、『Mooreの法則』により推し進められる半導体素子の微細化は限界に近づいてきています。そこで、半導体に新たな機能を付加した新規 デバイスを創造しようという『More than Moore』が世界的な動きとなっています。

本研究室では『More than Moore』にのっとり、半導体デバイスに物質化学を融合させた化学集積デバイスの実現を目的としています。この化学集積デバイスとは、『チップ上に化学 を集積・化学素子を集積』という2つの意味をもっています。この新しいデバイスの実現のため、様々な方向からアプローチを行い、研究を進めて います。

We are developing “Chemical integrated circuits” based on silicon CMOS technology. The purpose of this research is to realize chemistry integrated circuits where several chemical reactions occur on a chip, which are controlled and detected electrically. This type of device is mainly expected for the use of biomedical applications. In view of the growing concern about such issues as food security, health care, evidence-based care, infectious disease, and tailor-made medicine, a portable gene-based point-of-care testing (POCT) system is needed. For a system that anyone can operate anywhere and obtain immediate results, a new biosensor chip must be developed. Electrical detection using complementary metal-oxide semiconductor (CMOS) integrated circuits has great potential since it eliminates the labeling process, achieves high accuracy and real-time detection, and offers the important advantages of low-cost, compact equipment. Our main target is the realization of chemical integrate circuit to detect very small amount of target molecules by amplifying them on a chip.

Information

2018年11月05日
新津准教授がラジオ電話生出演します。Our research will be introduced on NHK radio (11/09 Fri 18:20-18:30).
2018年10月23日
3年生の方へ
2018年10月23日
M1林賢哉君がIEEE BioCAS 2018にてBest Live Demo Awardを受賞しました! M1 Hayashi-Kun’s paper received “Best Live Demo Award” in IEEE BioCAS 2018 !
2018年10月23日
研究成果が新聞に紹介されました。Research achievement has been introduced in Newspaper.
2018年09月19日
M1林賢哉君の論文がIEEE BioCAS 2018に採択されました。M1 Hayashi-Kun’s paper is accepted to IEEE BioCAS 2018 !
2018年08月01日
M1林賢哉君の論文がIEEE Trans. on Circuits and Systems II (TCAS-II)に採択されました。M1 Hayashi-Kun’s paper is accepted to IEEE Trans. on Circuits and Systems II (TCAS-II) !論文へのリンク
2018年06月04日
新津葵一准教授が電子情報通信学会末松安晴賞を受賞しました。Associate Prof. Kiichi Niitsu received the IEICE SUEMATSU-YASUHARU Award.
2018年03月26日
小林君がIEEE名古屋支部優秀学生賞を受賞しました。 Kobayashi-Kun received IEEE Nagoya Section excellent student award !
2018年03月01日
小林敦希君の論文がIEEE Custom Integrated Circuits Conference 2018 (CICC 2018)に採択されました。M2. Atsuki Kobayashi Kun’s paper was accepted to IEEE Custom Integrated Circuits Conference 2018 (CICC 2018)
2017年04月19日
新津葵一講師が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました。
2017年04月01日
M2小林敦希君がIEEE名古屋支部 国際会議研究発表賞を受賞しました。
2017年03月25日
M2蒲晃平君がIEEE名古屋支部 優秀学生賞を受賞しました。
2017年01月17日
M2蒲晃平君、M1池田景君、M1小林敦希君がACM/IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2017)において研究成果を発表しました。
2016年10月20日
M1小林敦希君がIEEE Biomedical Circuits and Systems Conference 2016 (BioCAS 2016) Best Paper Awardを受賞しました。
2016年10月20日
M1小林敦希君がIEEE CAS Charles Desoer Life Systems Student Attendance Grantを受賞しました。
2016年10月01日
M2蒲晃平君がIEEE名古屋支部 平成28年度電気関係学会北陸支部連合大会 学生奨励賞を受賞しました。
2016年05月17日
M2蒲晃平君が電子情報通信学会集積回路研究会若手研究会優秀ポスター賞を受賞しました。 
2016年01月14日
新津葵一講師が愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 わかしゃち奨励賞 優秀提案賞を受賞しました。
2015年12月09日
M1蒲晃平君、山路裕希君が修士論文中間発表会で優秀賞を受賞しました。
2015年11月01日
CMOS集積回路を用いたがん細胞カウンティングに関する論文が、IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems (IEEE TBioCAS)に掲載されました。
2015年10月22日
M1蒲晃平君、新津葵一講師がアメリカ・アトランタで開催されたBioCAS2015(IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference)において発表しました。
2015年05月13日
新津葵一講師が電子情報通信学会 LSIとシステムのワークショップ2015 最優秀ポスター賞を受賞しました。
2015年05月07日
大学院受験生の皆さんへ、研究室メンバーを募集しています。研究室見学に気軽にお越しください。
2015年05月01日
M&BE8(International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics)に6件の論文が採択されました。
2015年01月14日
学部3年生の皆さんへ、研究室メンバーを募集しています。研究室見学に気軽にお越しください。
2014年12月20日
新津葵一講師がIEEE名古屋支部若手奨励賞を受賞しました。
2014年11月15日
新津葵一講師がベトナム・ハノイで開催されたICDV2014(International Conference on Integrated Circuits, Design, and Verification)において招待講演を行いました。
2014年10月24日
M2太田晶子さん、M1小森隼登君がスイス・ローザンヌで開催されたBioCAS2014(IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference)において発表しました。
2014年09月11日
M2石原大貴君がつくばで開催されたSSDM2014(International Conference on Solid-State Devices and Materials)において発表しました。
2014年06月02日
B4瀧日慎志君がメルボルンで開催されたISCAS2014(IEEE International Symposium on Circuits and Systems)において発表しました。
2014年01月16日
ホームページをリニューアルしました。
2014年01月14日
新津葵一講師が平成25年度赤﨑賞を受賞しました。
2014年01月10日
B4瀧日慎志君の論文がISCAS2014(IEEE International Symposium on Circuits and Systems)に採択されました。
2014年01月02日
M2久野剛君の論文がJJAP(Japanese Journal of Applied Physics)に採択されました。